写真、パソコン、音楽大好き-4

 写真が一番の趣味となってしまいました。それまではパソコンで、これからは音楽かも知れません。

100円以下の満足感

SDIM0214-b.jpg
 SIGMA DP1

 「ねぇ、何が食べたい。」と妻から聞かれた時の、私の答えはだいたい同じです。
 「うーん、別に。」

 昨日、研修会でJR駅近くに行った妻は、小さめの小倉パンを買ってきてくれました。先ほど、最後の一つを食べたのですが、私はこれで満足なのです。
 根っからの庶民と痛感します。

SDIM0218-b.jpg

 毎日欠かさないのは、納豆。先日買ってきた物は、3つで78円。たまに賞味期限間近の物を買いますが、それだと44円。たまに食べたくなるのは、コロッケ。Aプライスでは冷凍ですが、以前10個入りで198円でした。これを揚げて食べる。クリームコロッケ、カニクリームコロッケなども買いましたが、お気に入りは「昔ながらのコロッケ」。
 さらに無性に食べたくなるチキンラーメンは、最近価格が戻り5個299円。
 朝は食パンですが、昨日買いに行ったのはヤマザキパンで6枚切り99円でした。

 さらに今週気に入ったのは、「肉まん」。関西では、「豚まん」。
 冷凍のを電子レンジで1分、おたためて、食べたら「あぁ、しあわせ。」

 何とも安上がりな、しあわせ気分。満足感です。

SDIM0238-b.jpg
 SIGMA DP1
  1. 2009/01/31(土) 09:06:06|
  2. ・SIGMA DP1 SIGMA LENS 16mmF4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

便利なJばいぶる 2nd

SDIM0210-b.jpg
SIGMA DP1

 昨夜は、聖書の学び会を行いました。
 聖歌プレーヤーDVDとともにソフトのJばいぶるが活躍します。「しかし、あなたは、どのようなばあいにも慎み、困難に耐え、伝道者として働き、自分の務めを十分に果たしなさい。」
 Jばいぶる2ndは、新約聖書のギリシャ語をサポートしてくれます。原語とともに、一語ずつ文法解析をしてくれ、新改訳だけでなく口語訳・新共同訳、NKJVとTEVの5訳が表示されます。

 「伝道者・・・、どうしてここでは伝道者なのか、牧師とは書かれていないよなぁ。」
 その場で思ったことが確認できます。伝道者の原語にカーソルを合わせると、ギリシャ語辞典が表示され、右クリック、そしてコンコルダンスを選ぶと、このギリシャ語が他に使われている所を示してくれます。
 「えっ、3箇所。」「使徒の働き、エペソ、IIテモテ、なるほどなるほど。」

 年末には3rdのヘブル語版を購入しています。ただしこちらは、CDを入れておかないと駄目なので、一手間必要ですが、画期的です。

 当初MacにしかなかったフリーソフトのOn Line Bibleで、一番気に入っていたのが、聖書の一語をダブルクリックすると、辞書が表示されることでした。ただし、全て英語。
 Jばいぶる2nd、3rdが加わったので、On Line Bibleなしでやって行けそうです。

 しかし、価格差は大きいです。Jばいぶる2ndを使うためには、1stが必要。約10000円。2ndは15000円。3rdは20000円。これだけで45000円。
 On Line Bibleは、CD版が5500円ほどでした。そして、ドイツ語やスウェーデン語、スペイン語などありとあらゆる訳。注解書。地図などが盛り込まれています。

 一番驚くのは、冒頭に出てくることばです。
 「あなたがたは、ただで受けたのだから、ただで与えなさい。」マタイ10:8
 つまりフリーソフト。あなたはただで、他の人に与えて良いというのです。
 このあたりが、キリスト教がしみ込んだ国とそうでない国との違いを感じてしまいます。

SDIM0219-b.jpg
  1. 2009/01/30(金) 09:11:06|
  2. ・SIGMA DP1 SIGMA LENS 16mmF4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春のような一日

SDIM0198-b.jpg
 SIGMA DP1

 昨日は、春のような日差しでした。夜の散歩の時も、ダウンのジャケットは必要なく、普通のジャンパーで十分でした。

 今日は妻は市役所の仕事は休みを貰っています。犬のリッキーは、朝の散歩を無事終了。えさも沢山食べました。
 しかし、午前は新生児訪問があり午後は研修会となります。聖書の学び会は、夜に行う予定です。

 私の方はハローワークの認定も終了。遅いスタートながら、活動開始です。
 別件で、オークションも再開です。

SDIM0205-b.jpg
 SIGMA DP1
  1. 2009/01/29(木) 09:06:49|
  2. ・SIGMA DP1 SIGMA LENS 16mmF4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安物買いの銭失いか

IMG_8503-3-b.jpg

 このセカンドバックは、常時持ち歩いている物です。何年使っているかも分からないほど、馴染んでいますが、改めてみると角ははがれていますし、この反対側は眼鏡ケースの塗料が付着しています。ファスナーの付け根の革や何時も親指がかかる所の痛みが激しい状態です。
 極めつけは、年末の雨の時駐車場の排水口に沈没したことでした。

 ナンバCityに行った時にメンズコーナーで代わりのセカンドバックを見ましたが、若者向きなのと1桁価格が違うのでインターネットで購入することにしました。
 「あっ、これはいい。」と思った物は、それなりの価格。ただ使えたらいいとの観点から、こちらを購入しました。

IMG_8504-2-b.jpg

 普段中に入れている物は、携帯電話・コンパクトカメラ・バッテリーの予備・カード入れ・免許書入れ・家の鍵・母親宅の鍵・自転車のキー・印鑑・靴べら・車のキー・生活費の封筒(謎)、外側のファスナーには携帯のマイクロSDをSDに変換するアダプター、それから中身がないので忘れやすい小銭入れと・札入れ。あっそれから、結婚指輪。はめたら取れなくなるのではと思い、現在はずしております。
 欲張る時には、これにT2というフィルムのコンパクトカメラを入れます。

SDIM0196-b.jpg
 SIGMA DP1

 新しい物ですが、合皮なので感じが違います。また何気ない金具がとても便利であることに気づいています。そして、やはり奮発して、当初良いと思った物を買った方が良かったなどとも思うのでした。
 カメラでもよくあるのですが、欲しい物は高いので別の物を買います。しかし、実際に使うと満足感がないので、結局は購入。すると最初の物はどうなるのか。
 わかっているけれど、最初には買うことが出来ない。

 そして比べると幅がかなり違うので、カメラ2台は無理のようです。
 ・・・。ここは、私にとっては、大きな要素。さぁ、どうなることでしょうか。

SDIM0201-b.jpg
 SIGMA DP1

 
  1. 2009/01/28(水) 09:49:07|
  2. ・SIGMA DP1 SIGMA LENS 16mmF4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変化、2日目

SDIM0181-b.jpg
 SIGMA DP1

 写真は昨日、朝の散歩の時に撮った物です。
 昨日から月末と月初めそれぞれ5日間、妻は助産師協会から依頼された仕事のために、大阪の市役所に行きます。そのため、いつもは早朝に妻が行く散歩は、私が行くこととなりました。
 
 そして、2日目の今日も同じですが、犬のリッキーは調子が狂ったようです。
 妻は、自分の散歩をかねて40分程度川沿いを歩きます。太陽が昇る前に、規則正しく行くので、犬の友だちにも会えるのですが、私だと会うことが出来ません。
 加えて、妻が行くコースを選ぶと、道の真ん中を歩くではありませんか。
 そこで、私は「注意」。そして、度々、「指導」が入ります。

SDIM0184-b.jpg

 そのため犬のリッキーは、しっぽを下げたまま惨めな姿で歩いておりました。
 さらに、妻が自分の健康のために歩くように、私の場合は写真撮影。
 リッキーは、自分の思うようになかなか歩けません。

 妻の帰宅は、暗くなってから。
 リッキーのペースも普段と違うようです。勿論、私のペースも。

SDIM0187-b.jpg


 
  1. 2009/01/27(火) 09:42:27|
  2. ・SIGMA DP1 SIGMA LENS 16mmF4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毒には毒で制す

SDIM0131-b.jpg
 SIGMA DP1

 昨日の礼拝を終え、昼食を取ってから妻はしばらく休憩しました。
 「買い物に、行くから、時間になったら声をかけて。」
 時間になりましたが、「あと少し」「あと少し・・・。」

 無理矢理起きましたが、ひたすらあくびを繰り返していました。
 これで車の運転は、事故になりそうなので、「運転はするよ。」と私も行くことにしました。
 支度をして、最後にジャンパーを着る時でした。「用意できた。」「ああ、後はパジャマを着るだけ。」
 「えっえっ、パジャマ。」「間違えた、ジャンパー、ジャンパー・・・。」
 妻は爆笑の後、急に不安を覚えました。「ジャンパー、とパジャマ、ジャでよく似ているでしょ。」

SDIM0143-b.jpg

 その後も、私の会話はとんちんかんの連続。妻は眠るどころではなく、すっかり目がさえたようでした。スーパーとホームセンター、反対側には家電店と家具がある人出の多い所に行ったら、駐車場も混んでいたのですが、かろうじて1台だけ空いていました。
 「ここはバックで入ればいい。」と私。
 妻は、きつねに包まれたような顔をしています。
 「バックって言ったけれど、前じゃない。」
 えっ、よく考えると確かに妻の仰せの通り。何故にバックなどと言ったのか、謎。しかし、ここは私の18番。
 「いやぁ、考えに考えたことよ。これで眠気も覚めたんじゃない。考えて練られた作戦。」

 納得できない妻は、さかんに言っておりましたが、不安感でさらにしっかりしたようです。
 よく振り返ると私も妻以上に眠たかったようです。帰宅後、私の方にあくびがやってきました。
 ここは負け惜しみで、
 「あーあー、あくびがうつったみたい。」

 そして、かなり明るい内に犬の散歩に行きました。お供は、買ったばかりのSIGMA DP1。コンパクトカメラ並の大きさ。首からかけて、左手にツナ、スコップと袋を入れた手提げを持っての撮影でした。
 RAWで撮り付属のソフトで処理をしましたが、3つのタイプを簡単に変更できるので楽でした。レタッチはあっさりと拘らないで行いましたが、このカメラ、TZ5のCCDと比べると12倍の大きさ。全体に赤っぽくなりますが、うつり具合に驚きました。28mmであり、19mmの歪みもないので極自然に感じます。
 空、建物はこのカメラで撮るのが良いようです。

SDIM0173-b.jpg
  1. 2009/01/26(月) 09:15:38|
  2. ・SIGMA DP1 SIGMA LENS 16mmF4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いつまでたっても子どもですね。

SDIM0112-2-b.jpg
 SIGMA DP1

 今朝、8時台にぱらぱらと雪が降りました。その時に撮ったのが、上の写真です。
 しかし、その後は太陽の日差しの方が強く、雪は瞬間的に降りうっすらと屋根に積もっただけで溶けています。
 昨日から今日にかけて、かなり寒くなると言うのが予想ですが、昨日は大阪のナンバに行きました。

 2回目です。1回目は、京阪バス、阪急、淡路から堺筋線、日本橋、千日前線でナンバのコースです。阪急梅田に行き、御堂筋線で行く方が早いので、そうしようと思ったのですが、今まで一度も行ったことのないコースを選ぶことにしました。

P1030217-3-b.jpg
 LUMIX DMC-TZ5

 京阪バスで京阪へ、そして特急で淀屋橋、御堂筋線でナンバのコースです。阪急は特急と言いながら、停車駅が多く急行並ですが、京阪は車両が2ドア、2階建て車両もありました。座席は黒が主体の柄で、カバーが赤。窓にはカーテンがついてJRの特急並です。

P1030223-2-b.jpg

 ナンバのお目当ては、着々と準備してきたカメラのキタムラ。LeicaR5を返却したので、その資金を元に別なカメラを購入しようと言う段取りです。そのために、2000円のギフト券を手に入れ、10パーセント引きの昨日に計画実行したわけです。事前の試し撮りも無事終了。

 帰りは、千日前線、堺筋線、阪急のコースでした。座席に座り、箱からストラップを取りだしカメラにつけ、説明書を読んでおりました。バスから降りて、田圃の方に行き野外での試し撮り、そして自宅前で苦手の太陽撮りを試しました。

SDIM0050-3-b.jpg

SDIM0084-3-b.jpg
 SIGMA DP1 jpeg

 このカメラは、誰からも好かれる人気者タイプではなく、様々な癖があるじゃじゃ馬タイプ。コンパクトカメラですが、銀塩の6×6ぐらいのゆっくりペースでの撮影が本来のスタイルのようです。
 マニュアルフォーカスも出来る点が、とても気に入っています。

 そうそう、カメラの試し撮りの定番。リッキーの撮影ですが、カメラ慣れしているはずですが、DP1はとても怖がります。黒くて、レンズが飛び出しているのが怖いのかも知れません。妻が相手をしてくれてやっと撮ることが出来ました。
 ただしf4での室内、ストロボなしなのでシャッタースピードは、1/4でした。
 『リッキー、動かないように』
 思いが通じたのか、リッキーは動かずじっとしてくれました。
TZ5と比べると、DP1は画像処理の技術が必要なようです。それが加わると、他が追随できない写真となりますが、私だと魅力を出し切れていないと言うのが、現状です。

SDIM0115-3-b.jpg
 SIGMA DP1

 
  1. 2009/01/25(日) 09:23:22|
  2. ・SIGMA DP1 SIGMA LENS 16mmF4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太陽が出ると明るい

IMG_8465-2-b.jpg
 5D Elmarit19mmf2.8

 天気予報通り、今朝の冷え込みは厳しかった物の、久しぶりの太陽。室内の明るさに、こんなに明るかったのかと驚く始末です。

 昨日は母親の所からお米を貰いました。そして、母親経由で息子の近況を聞きました。2月6日にこちらに来るとのこと。
 息子は大学4年間、こちらに下宿。週に1回は、母親(息子にとってはおばあちゃん)の所で食事をしたり、泊まったりしていて、私以上に母親宅のことは詳しく、こちらに帰ってくる連絡はおばあちゃんにまずするのでした。
 私達への電話は滅多にありませんが、月に1回程度は「どうしてる。」とおばあちゃんには電話をしています。これは、私が息子に言ったことではありますが、親の所にはないと言うのが、複雑な心境です。
 
 母親も「お父さんは良いとしても、お母さんにはどうしてるか電話してあげないといかんなぁ。」と言ってくれたようです。
 「また、すき焼きしようか。」

 そして、ご当地名物の松坂屋の解体販売で、2時間以上並んで様々な物を買ってきた体力には驚いてしまいます。荷物を背負うのはまだしも、手に持つのは苦手となりました。
 近くにいる孫二人から、「おばあちゃん、方角が分からなくなったりしたら、ぼくの所に電話しいやぁ。」と言われていますが、「分けわからんようになったら、そんな長い電話番号、かけられるかぁ。」と言い返している83才です。

 (追加)
 午前中に、息子から妻に電話がかかってきました。私のブログを見て、これはかけないとまずい と感じたそうです。
  1. 2009/01/24(土) 09:26:25|
  2. ・Elmarit19mmF2.8 TypeI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PiTaPaカードも入っておりました。

 日曜日にミナピタカードに入りましたが、この時なかなか覚えられない名称のカードのことを言われました。
 「PiTaPaカードは、どうされますか。」「はっ、何て言われましたー。」「PiTaPaカードですが。」「何ですか。それ。」
 
 こんなやりとりは、私の田舎おじさん度を現します。「電車やバスなど、後払いが出来ます。」「ええっ、そうなんですか。使える範囲は。」「関西圏ならば、だいたい大丈夫です。」「年会費などはどうですか。」「年1回、使われたら、無料です。」
 私も一応関西人。ただとか無料には弱いタイプです。「は、は、入ります。」

 なるほど、こちらの私鉄のバスに乗った時にそういえば、案内があります。かざすだけで良い奴ですね。
 案内を見ると、良くできています。月に同じ所を10回以上乗ったとします。すると、11回目からは回数券割引適応です。
 普通ならば、電車に乗る時に切符を買いますが、必要なし。いきなり改札を通り、降りる時にかざせば良いだけ。

 ふと、落としたら。と考えたら、通知すれば停止してくれます。

 現在、大阪・梅田に行く時には、バス代と電車賃が必要で、無意識のうちにストップがかかりますが、後払いだと、無意識のうちに乗ってしまいそうです。
 現金ならば買わないが、カードならば買ってしまう。同じようになる気がします。

 妻に言ったら、私以上にこのカードが欲しいようです。月末、通勤する時にあれば便利ですので。ただ、本人以外の使用は禁止となっております。

SDIM0008-2-b.jpg
 SIGMA DP1 jpeg

 写真は、大阪・梅田の顔となっているヨドバシカメラです。ここは、海外からの観光客が行くスポットの一つになっています。価格は、標準ですが、品揃えの豊富さとポイントが魅力なのでしょうか、何時行っても沢山の人がいます。

 私は、全く別の動機で行きました。展示していたカメラ、予想以上に写りました。(店員さんの承諾を得て、メモリーで持ち帰りました)

SDIM0008-2-2.jpg
 最初の写真の100パーセント表示。圧縮縮小をしています。
  1. 2009/01/23(金) 13:13:58|
  2. ・SIGMA DP1 SIGMA LENS 16mmF4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こちらもデジタルとアナログ

IMG_8481-3-b.jpg

 自分では全般的に保守的と思っていますが、88年のワープロ、90年のMacをはじめ2002年のPalm等機種に関してはデジタル派のようです。
 ある時など、文章のほとんどはワープロかパソコンでした。そして、年月が経つに従い、弊害が出てきました。

 ワープロ・パソコンではひらがなを入力するだけで、漢字に変換してくれるので、漢字の読みはともかく書く方が駄目になってきました。加えて、自分で書こうとすると、反作用のような邪魔をする力が加わり、よれよれの字が誕生しました。文章を書いていると、辞書を引く頻度が高くリズムに乗れないので、よりパソコンを活用していました。
 パソコンだと単に文章を入力するだけではなく、データーベースのソフトに入れると、検索機能で取り出せるのが便利でした。

 自分の説教ノート、例話集をデーターベース化。Macの時は、On Line Bible。Windowsの場合は、Jばいぶるを加えて活用できました。

 その間、万年筆は休止状態でしたが、老化現象を更に自覚し脳の活性化を意識して、手書きに拘りました。

IMG_8485-3-b.jpg
 5D MacroElmarit60mmf2.8

 この万年筆は、35-6年のつきあいですが、まさしくベストフレンドです。1枚目は、意外に思われるかも知れませんが、中国製の英雄です。
 私の場合、頭に浮かんだことを書いているのですが、手を動かすことが加わると書くことによって思いがけない発見や気づきが伴うのです。

 少しデジタル派なのは、書いた物をスキャナーで読みとろうとしていることです。多機能型プリンターは、スキャナーの機能があり、取り込んだものをPDFにできます。聖書に書き込んだメモなどを取り込むのと同じに、ノートも取り込もうとしております。

 そういえば、デジタルカメラもMFのレンズなので、デジタルとアナログ。音楽のアンプもトランジスタと真空管のハイブリッドです。
 デジタルとアナログの二つの世界にいるのが丁度良い年代のようです。
  1. 2009/01/22(木) 09:19:53|
  2. ・MacroElmarit60mmF2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本が買えない自分

「あなたは知っているか。だれがその大きさを定め、
だれが測りなわをその上に張ったかを。」ヨブ38:5
IMG_8450-2-b.jpg
5D Elmarit19mmf2.8

 昨日は妻を送ったついでに、普段なかなか行けなかったブックオフという古本屋に行きました。ここの目玉は、1冊105円の本。年々種類と冊数が増えています。
 1冊5800円で大判な花の本、春夏秋冬の4冊ある物が4000円。これ以外は、欲しい物がありませんでした。

 帰り道、確かあるはずとブックマーケットという、古本屋にも寄りました。初めて入りますが、105円の本の多さには驚きました。そして、・・・。
 1冊105円、3冊200円、5冊250円フェアー。

 「安い、5冊買いたい。」と思いましたが、欲しい本は1冊もなく、手ぶらで帰宅。
 
 自分を第三者的に見ると、かなり偏りのある人間と判断しました。自分が必要としているジャンヌは、少数派。古本屋には滅多にない現状です。
 思春期、幅広い分野から読みふけっていたのが、遠い昔になりました。
  1. 2009/01/21(水) 09:19:58|
  2. ・Elmarit19mmF2.8 TypeI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原因は、暖房か。

IMG_8441-2-b.jpg
 5D Elmarit19mmf2.8

 私の普段は、半袖のシャツ・長袖のボタンダウン・ベスト。妻から、「よくそんな格好でいられる。」と言われます。
 しかし、寒いのは事実で、時々暖房を入れますが、エアコンか電熱器。部屋は密閉度が高く、本来は加湿器をすべきなのでしょうがなし。結果、乾燥肌となっています。

 お肌の曲がり角、老化現象の一環でもありますが、体が温まると特に背中が痒くなるのが特徴です。
 日曜日、やや雪混じりの中、薄目のジャンパーを加えて出かけました。ナンバCityに入ると、普段との温度差がありすぎて、『かゆい、痒い』現象発生。
 肌にもより水分を供給しなければなりません。
  1. 2009/01/20(火) 09:00:31|
  2. ・Elmarit19mmF2.8 TypeI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

pyoshidas

Author:pyoshidas
 




 中学の頃、双眼鏡・望遠鏡などのレンズに関心があり、その延長で高校の時は、写真部でした。ただし、カメラ雑誌と広告に関心があり、写真を撮る方はいまひとつで、学園祭の直前に撮影し、現像・引き伸ばしを慌ててしておりました。
 その後、数十年は手軽なカメラで家族写真を撮る程度でしたが、仕事で手伝った1眼レフのシャッター音に目覚め、デジタルカメラの波に乗って、写真を撮るようになりました。

 MFのレンズでの撮影が多かったのですが、AFでの撮影が増えてきました。自己満足の写真ですが、お付き合いをしていただけたら、幸いです。


ビジターカウンター



pyosida@hokusetsu.zaq.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
・Elmarit19mmF2.8 TypeI (178)
・Elmarit28mmF2.8 TypeI (88)
ELMARIT-R 28mmF2.8 (16)
・Elmarit35mmF2.8 (15)
・Summilux50mmF1.4 (16)
・Summicron50mmF2 カナダタイプ (4)
・MacroElmarit60mmF2.8 (125)
MACRO-ELMARIT-R 60mmF2.8 (38)
・Elmarit90mmF2.8 (11)
・ApoMacroElmarit100mmF2.8 (10)
・Elmar180mmF4 (10)
・Casio W61CA (8)
VAIO® Phone A VPA0511S (1)
・FUJI GA645 Professional (5)
・FUJI GA645i Professional (3)
・FUJI FINEPIX SL300 (21)
+Fuji F31fd (1)
・Nikon COOLPIX P100 (2)
・LUMIX DMC-TZ5 (36)
LUMIX DMC-FX07 (52)
・CASIO EX-Z1000 (3)
・Olympus C2500L (1)
・Sony DSC-R1 (3)
・Canon PowerShot SX50HS (1)
・Minolta TC-1 (9)
・Contax TVSIII (2)
・Contax T2 Sonnar38mmF2.8 (60)
・CONTAX T2 Limited Sonnar38mmF2.8 (11)
・Rollei35T Tessar40mmF3.5 (5)
・RICOH GR1s (11)
・RICOH R1 (7)
・RICOH 500G (8)
・KONICA C35 FD (5)
・KonicaIIIA (9)
FUJI TIARA28mmF3.5 (40)
・FUJI TIARA ZOOM (4)
*FUJICA AUTO7QD (4)
・FUJIFILM X-100 (17)
・FUJIFILM X-100 WCL-X100 (9)
・FUJINON SUPER EBC XF 14mm F2.8R (3)
FUJINONSUPER EBC XC 16-50mm F3.5-5.6 OIS (85)
FUJINON SUPER EBC XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS (54)
・FUJINONSUPER EBC XF 27mm F2.8 (54)
・X-FUJINAR-W 28mm F2.8 DM (1)
・EBC X-FUJINON 55mm F1.6 DM (2)
・FUJINON 55mmF1.8 (1)
・Tokina FishEye zoom 10-17mm (3)
・Canon PowerShot G1X MarkII (4)
・SIGMA15-30mm F3.5-4.5 EX DG (3)
・EF17-40mmF4L (26)
・Tamron SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II (1)
・EF-S 17-85mmF4-5.6 IS USM (1)
・SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM (6)
・SIGMA 18-55mmF3.5-5.6DC (5)
TAMRON SP 20-40mm ASPHERICAL AF F2.7-3.5 (3)
・EF24mmF2.8 (6)
・EF24mm F2.8 (1)
・Tokina AT-X PRO28-70mmF2.8 (5)
*TAMRON SP 28-75mmf2.8 Macro (4)
TAMRON AF 28-75mmF2.8 IF MACRO (5)
・EF28-70mmF2.8L (10)
・EF28-105mmF3.5-4.5 (3)
・SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM(EF) (4)
EF35-70mmF3.5-4.5 (2)
・EF35-80mmF4-4.5III (1)
・EF 40mmF2.8 STM (4)
・EF50mmF1.8II (3)
・MACRO EF 100mmF2.8 USM (5)
Cosina100mmF3.5Macro (2)
・SIGMA 105mmF2.8 EX Macro (1)
・EF200mmF2.8L TypeI (7)
・Tamron70-300mm (7)
・EF75-300mmF4.5-5.6II USM (2)
EF 400mmF5.6L (1)
・CANON LENS EF-M 22mm F2 STM (18)
・FD20-35mmF3.5L (9)
SIGMA SUPER-WIDE 24mmF2.8 (9)
FD28mmF3.5 (7)
・FL35mmF3.5 (3)
FD35mm F3.5 (4)
・FD50mmF2 (6)
MACRO LENS FD50mmF3.5 (3)
・AUTO YASHINON 50mm F2 (1)
・AUTO YASHINON-DX 50mmF2 (1)
・Super Takumar 24mmF3.5 (1)
・W-KOMURA 28mmF3.5 (1)
Super-Multi-Coated TAKUMAR F3.5 28mm (27)
Super-Multi-Coated TAKUMAR F3.5 35mm (1)
SuperTakumar50mmF1.4 (6)
・Auto Takumar 55mmF1.8 (1)
Super-Takumar 55mmF1.8 (3)
SMC TAKUMAR55mmF1.8 (4)
Super-Multi-Coated TAKUMAR F3.5 135mm (1)
・SMC PENTAX DA16-45mmF4 ED-EL (6)
・smc PENTAX-M 28mm F2.8 (1)
・RMC Tokina 28-70mmF4 (19)
・RIKENON-P 55mmF1.2 (2)
・RIKENON-50mmF1.7 (1)
RIKENON-50mmF2 (23)
・smc PENTAX 50mmF2 (3)
・SMC PENTAX 300mmF4 (1)
・PENTAX110 18mmF2.8 (13)
・PENTAX110 24mmF2.8 (63)
・PENTAX 110 50mmF2.8 (3)
・SMC PENTAX 5-15mmF2.8-4.5 (1)
・SMC PENTAX 8.5mm F1.9 (8)
・LUMIX G 12-32mmF3.5-5.6 ASPH.O.I.S. (25)
・LUMIX G 12-32mmF3.5-5.6 ASPH.O.I.S.(S) (3)
・LUMIX G VARIO 14-42mm (2)
・LUMIX G VARIO14-45mm (14)
・LUMIX G VARIO 14-140mmF4.5-5.8 ASPH. (5)
LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. (72)
・LUMIX G 25mm F1.7 (2)
・LUMIX G VARIO45-200mm (10)
・YASHICA LENS ML50mmF1.4 (1)
・Vario-Sonnar 28-70/3.5-4.5MMJ (48)
・Distagon18mmF4 (1)
・Distagon 35mmF2.8 (3)
・Planar50mmF1.4 (15)
・Carl Zeiss Planar85mmF1.4 T* (1)
・Planar85mmF1.4 (3)
・Carl Zeiss Planar45mmF2(G) (11)
・Carl Zeiss Sonnar90mmF2.8(G) (1)
Tokina AT-X PRO17mm f3.5 (64)
・N.NIKKOR 20mmF4 (13)
・W-KOMURA 24mmF3.5 (1)
・Nikkor28mmF2.8 (4)
・AiNikkor28mmF3.5 (1)
・NIKKOR-H Auto 28mmF3.5 (1)
・NIKKOR-H Auto 28mmF3.5 (1)
・NIKKOR 35mmF2 (3)
・Ai Nikkor50mmF1.2S (2)
・Nikkor55mm S Auto F1.2 (3)
・Nikkor 50mmF1.8 (1)
・NIKKOR-H Auto50mmF2 (1)
・Cosina Planar85mmF1.4ZF (2)
・TamronSP90mmF2.5Macro (2)
・NIKKOR 105mm F2.5 (1)
・ED 18-55mmF3.5-5.6G (1)
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm 3.5-5.6G VRII (1)
・AF-S DX Zoom-Nikkor18-70mmF3.5-4.5G (5)
・AF MICRO NIKKOR 60mmF2.8 (1)
AI AF Micro-Nikkor 60mm f2.8D (5)
EL-NIKKOR 50mm F2.8 (10)
・1 NIKKOR 10-30mm 1:3.5-5.6 VR (1)
・1 NIKKOR 30-110mm 1:3.8-5.6 VR (1)
・SIGMA DP1 SIGMA LENS 16mmF4 (137)
・SIGMA DP2s SIGMA LENS 24.2mmF2.8 (5)
・SIGMA DP2 Merrill SIGMA LENS 30mmF2.8 (2)
SIGMA DP2 Quattro SIGMA LENS 30mmF2.8 (5)
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM(SAマウント) (4)
・Sigma18-50mmF3.5-5.6DC(SA) (1)
・SIGMA ZOOM 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM S (1)
・SIGMA 30mm F1.4 DC HSM(SA) (1)
・SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM(SA) (9)
・L型G-Biogon28mmF2.8 (32)
*Summicron M35mmF2 (15)
・M-ROKKOR40mmF2 (13)
・Summicron M50mmF2 カナダタイプ (8)
・CANON LENS 35mmF2.8(L) (3)
・CANON LENS 50mm F1.4(L) (4)
・CANON LENS 50mm F1.8(L) (6)
・インダスタール50mmF3.5(沈胴式) (2)
industar50mmF3.5 (1)
・Sony E16mmF2.8 (45)
・Sony E18-55mmOSS (33)
・SONY FE50mmF1.8 (1)
・SONY FE28-70mmF3.5-5.6OSS (2)
・SONY DT 18-70mmF3.5-5.6 (1)
・TAMRON SP 20-40mm ASPHERICAL F2.7-3.5 (2)
MINOLTA AF24-85mmF3.5-4.5 (29)
・MINOLTA AF ZOOM 24-105mmF3.4-4.5 (1)
・MINOLTA AF ZOOM 28-85mmMacro (4)
MINOLTA AF35-70mmF4 (1)
*MINOLTA AF50mmf1.4 (1)
*MINOLTA AF50mmF2.8Macro (3)
*MINOLTA AF85mmF1.4 (5)
・MINOLTA AF100mmF2.8Macro (19)
・MINOLTA HIGH SPEED AF APO 200mm F2.8G (6)
・MINOLTA AFZOOM70-210mmF4.5-5.6 (2)
・MINOLTA AF ZOOM Xi100-300mmF4.5-5.6 (3)
・MINOLTA AF APO TELE ZOOM 100-300mmF4.5- (1)
・MINOLTA APOTELE ZOOM 100-400mm F4.5-6.7 (3)
*MINOLTA AF REFLEX500mmF8 (2)
・NMD20mmF2.8 (40)
MD W.ROKKOR20mmF2.8 (113)
・MD W.ROKKOR24mmF2.8 (18)
・MD24mmF2.8 (7)
・Cosina24mmF2.8MCMacro (34)
MC.W.ROKKOR28mmF2.8 (45)
・MC-W.ROKKOR-SG 28mmF3.5 (4)
MC W.ROKKOR-HG 35mmF2.8 (7)
MD ZOOM35-70mmF3.5 (7)
MC ROKKOR-PG 50mmF1.4 (8)
*MD 50mm F1.4 (1)
MD.ROKKOR50mmF1.7 (15)
MC.ROKKOR50mmF1.7 (2)
AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8 (3)
・MC ROKKOR-PF 50mmF1.7(EOSマウント) (2)
MD-Macro ROKKOR50mmF3.5 (86)
・MC ROKKOR PG58mmF1.2 (3)
・AUTO ROKKOR-PF 58mmF1.4 (2)
MC TELE-ROKKOR PF135mmF2.8 (2)
・MC TELE-ROKKOR135mmF3.5 EOSマウント (2)
NMD ZOOM75-150mmF4 (5)
*MD ZOOM 70-210mm F4 (1)
MD ZOOM75-200mmF4.5 (4)
・MD200mmF4 (2)
*RF ROKKOR 250mm F5.6 (2)
MC TELE-ROKKOR300mmF5.6 (2)
・chiyoko E.ROKKOR 50mmF4.5 (1)
・G.ZUIKO AUTO-W 21mmF3.5 (24)
・G.ZUIKO AUTO-W28mmF3.5 (8)
・ZUIKO MC AUTO-S 50mmF1.4 (1)
・F.ZUIKO AUTO-S 50mmF1.8 (3)
・F.ZUIKO AUTO-T 135mmF3.5 (2)
・G.Zuiko Auto-W 20mmF3.5(PenF) (7)
・F.Zuiko Auto-S 38mmF1.8(PenF) (32)
・G.Zuiko Auto-S 40mmF1.4(PenF) (1)
・Zuiko Auto-zoom 50-90mmF3.5(PenF) (1)
・M.ZUIKO DIGTAL 17mmF2.8 (19)
F.Zuiko 32mmF1.7(PenD3) (126)
KONICA HEXANON AR 28mmF3.5 (2)
KONICA HEXANON AR 35mmF2.8 (2)
KONICA HEXANON AR 40mmF1.8 (7)
KONICA HEXANON AR 50mmF1.7 (1)
・Cタイプ Carl Zeiss Planar 80mmF2.8 (8)
・Cタイプ Carl Zeiss Planar 80mmF2.8 T* (5)
・CFタイプ Carl Zeiss Planar 80mmF2.8 T* (3)
・CFタイプ Carl Zeiss Sonnar 150mmF4 T* (2)
・MAMIYA SEKOR C 35mmF3.5N (27)
・MAMIYA SEKOR C 45mmF2.8N (2)
MAMIYA SEKOR 45mmF2.8 (3)
MAMIYA SEKOR C 55mmF2.8 (6)
・MAMIYA SEKOR C 80mmF1.9 (3)
MAMIYA SEKOR C 80mmF2.8 (14)
・MAMIYA SEKOR C80mmF2.8N (1)
MAMIYA SEKOR C Macro 80mmF4 (3)
MAMIYA SEKOR 110mmF2.8 (3)
・MAMIYA MACRO A 120mmF4 (20)
MAMIYA SEKOR C 150mmF4 (2)
・MAMIYA SEKOR ZOOM ULD C 105-210mmF4.5 (2)
・ZENZANON 75mmF2.8 (1)
ROKKOR QF 40mm F1.7(MINOLTA HI-MATIC-E) (95)
・FUJINON 45mmF1.9(FUJICA 35-EE) (3)
・マミヤ コンパクトカメラ U-AF (4)
Tessar35mmF3.5(YASHICA T-AF-D) (3)
YASHICA 35mmF3.5(AUTO FOCUS MOTOR IID) (11)
YASHINON-DX40mmF2.8(ELECTRO-35MC) (1)
Tessar35mmF3.5(京セラTD) (66)
MINOLTA AF-TELE38mmF2.8 (1)
FUJI AUTO-8DATE35mmF3.5 (1)
FUJINON28mmF3.5(FUJI TIARA) (1)
HEXANON38mmF2.8(KONICA C35AF2) (6)
・Tamron TELEVISION LENS 25mmF1.9(Cマウント) (2)
*TAMRON 35mmF2.1(Cマウント) (1)
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4 (3)
・COSMICAR TELEVISION LENS 50mm F1.4 (11)
*iPhone4 (1)
iPhone4s (44)
*Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm F4(M42) (2)
*Carl Zeiss Jena Flektogon 25mm F4(M42) (1)
・Carl Zeiss Jena Tessar50mmF2.8 (5)
*AUTO EXAKTAR 28mm F2.8 (1)
・TELE-KINEGON ACCURAR 135mm F2.8 (1)
・SONY E16mmF2.8 (1)
Tokyo Kogaku UV TOPCOR 35mmF3.5 (4)
Tokyo Kogaku UV TOPCOR 50mmF2 (36)
Tokyo Kogaku UV Topcor 135mmF4 (1)
*Vario-Sonnar 28-80mm3.5-5.6 T* (1)
・今はないレンズ *借りたレンズ+家族使用 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード